「三軸(さんじく)」と書くように三方向に走る糸が複雑に絡み合ってできた特殊なシルクの布地です。今から約40年ほど前、京都市の亀岡で生まれました。シワになりにくく伸縮性に加え強度があるため着物の帯として使われてきました。シルク独特の自然な光沢と複雑な模様と繊細な色の移り変わりが魅力の素材です。

About SANJIKU
Pic Pic
160808_sr17_2

TRANSPARENT

透光性のあるレース状の三軸織物

Find Textile
160808_sc05_4

SOLID

着物の帯に由来する高密度の三軸織物

Find Textile
160808_sc01_4